fc2ブログ

タイトル画像

 海が見える画廊から、洋画作品を中心にご紹介します

杭谷一東 彫刻展

終了致しました。多数のご来場ありがとうございました。

 杭谷一東 彫刻展
ITTO KUETANI EXHIBITION
    「光と空間」
   Luce e spazio


会期: 2014年11月15日(土)-24日(月・祝)  -会期中無休-
会場: おだ画廊 尾道駅前海岸通り 緑地公園前 TEL.0848-23-6006

杭谷一東 001


杭谷一東 002

杭谷一東オフィシャルサイト kuetani.net

-没後40年- 小林和作とゆかりの作家展

会期 平成26年10月12日(日)~10月26日(日) 会期中無休
会場 おだ画廊 尾道駅前海岸通り 緑地公園前 TEL.0848-23-6006



和作先生と尾道
                                           高橋 玄洋

 銀座の画廊で尾道というと必ず小林和作先生の名前が出てくる。それも最近は
その作品が手に入り難くなったという話題が多い。
 先生の人気が今も高いのは嬉しい事だが少なく手に入り難くなったのは困った
ことだ。主な理由は持っている人の愛着が強く手放したがらないからだという。
先生は日本画から入りこれを極めてから洋画に移られた稀有な作家である。
その分純粋な日本人の洋画家といえるだろう。
 先生が尾道に住まわれたことで尾道は絵の街に育っていった。このことを尾道人は
もっと誇りに思うべきではないかと思う。




今年、没後40年となる小林和作先生を偲び、「小林和作とゆかりの作家展」を
開催します。
この度は、小林先生の作品(油彩、水彩、岩彩、漆)と共に、ゆかりの作家の
作品も展示し、和作芸術の幅広さとともに、交遊の一端を偲びたいと存じます。
ご清覧いただきたく、ご案内申し上げます。

           〈出品作家
 小林和作、中川一政、前田寛治、三岸節子、野口 彌太郎、
 高畠 達四郎、須田 国太郎、小絲 源太郎、鳥海青児 他(一部作家は素描)

小林和作とゆかりの作家展1 001縮小600幅

小林和作とゆかりの作家展2 001

高橋玄洋書画小品展

終了しました。多数のご来廊ありがとうございました。

001.jpg

002.jpg

高橋玄洋書画小品展


会期:平成25年11月3日(日)~11月10日(日) 10:30~18:30
会場:おだ画廊 (尾道駅前海岸通り・緑地公園前) 地図
電話:0848-23-6006

高橋玄洋 尾道 画廊 おだ おだ画廊 織田画廊

所在地

Oda-gallery

株式会社 おだ画廊
〒722-0036
広島県尾道市東御所町6-14
tel. 0848-23-6006

Access (地図)

▽お問い合わせはこちら▽

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

カウンター

Copyright © Oda-gallery